2018年12月21日金曜日

ティラコレオ Thylacoleo

ティラコレオ
(フクロライオン)
Thylacoleo
 
体長:1.5m 
時代:新生代更新世 
発見地:オーストラリア

 和名でフクロライオンと呼ばれる有袋類です。ライオンに似た肉食獣ですが、植物食である現生のクスクス(ユビムスビ)に近縁です。

2018年12月14日金曜日

レドンダサウルス Redondasaurus



レドンダサウルス 
Redondasaurus
  
体長:6.4m 
時代:三畳紀後期 
発見地:アメリカ

 フィトサウルス類というワニに近縁の爬虫類です。ワニと大きく異なるのは、クジラやイルカのように鼻孔が頭の上の方にあることです。


 レドンダサウルス復元骨格
(2018年 ニューメキシコ自然史科学博物館にて撮影)


2018年12月3日月曜日

ティポトラックス Typothorax


ティポトラックス 
Typothorax
 
体長:約2.5m 
時代:三畳紀後期 
発見地:北アメリカ
 ワニ類の祖先の仲間ですが、ワニ類とは違って植物食で、背中、尾、腹に骨でできた装甲板があります。このグループをアエトサウルス類といい、ティポトラックスはその中でも小型の種です。


ティポトラックス化石レプリカ
(2018年 アメリカ・ニューメキシコ自然史科学博物館にて撮影)

2018年11月29日木曜日

モロプス Moropus

モロプス
Moropus
 
肩高:約2m 
時代:中新世 
発見地:北アメリカ、ヨーロッパ
 頭はウマに似ていますが、体型はゴリラに似ています。植物食でありながら鋭いかぎ爪をもつ、カリコテリウム科の哺乳類です。モロプスはその中でも首が少し長めの種類です。

モロプス全身復元骨格
(2011年アメリカ自然史博物館にて撮影)

アルシノイテリウム Arsinoitherium


アルシノイテリウム 
Arsinoitherium
 
体長:約3.5m 
時代:始新世 
発見地:北アフリカ

 サイに似ていますが、ゾウに近い哺乳類である重脚類のなかまです。


アルシノイテリウム上顎骨
(2011年ドイツ・レーヴェントール古生物博物館にて撮影)

2018年11月27日火曜日

バリオニクス Baryonyx

バリオニクス 
Baryonyx
 
体長:約9m 
時代:白亜紀前期 
発見地:イギリス、スペイン

 スピノサウルスのなかまで、がっしりとした前肢に25cmもの鋭いかぎ爪があります。腹からは魚の化石や恐竜の化石も見つかっています。