2018年6月27日水曜日

コンコラプトル Conchoraptor


コンコラプトル・グラキリス
Conchoraptor gracilis
体長:1.6m
時代:白亜紀後期
発見地:モンゴル

オヴィラプトル等のオヴィラプトロサウルス類の一種です。口はクチバシ状になっており歯が無く、雑食もしくは植物食だったという説が有力です。
近縁種のシチパチでは、巣の上におおいかぶさるような姿勢の化石も見つかっています。コンコラプトルも同様に巣の卵を守っていた、もしくは抱いてあたためていたと考えられます。



グアリコ Gualicho

グアリコ
Gualicho shinyae
 
発見地 南米
時代 白亜紀後期 

体長約7m、約9300万年前の白亜紀後期の南米に生息していました。前肢が短く、3本指のうち第3指が退化していると考えられるため、ティラノサウルスのような2本指の手に見える特徴をもっていますが、ティラノサウルスの仲間ではなく、ネオヴェナトール類に含まれます。学名の種小名shinyaeはシカゴ・フィールド博物館のプレパレータ(化石クリーニング担当)、新谷明子さんの名前が由来です

2018年1月18日木曜日

■「世界の恐竜MAP」中国版&台湾版

当社が恐竜・古生物イラストを製作した「世界の恐竜MAP」
中国版と台湾版が出版されました。

中国版




































台湾版







































2017年10月5日木曜日

コエロフィシス Coelophysis

コエロフィシス
Coelophysis
体長3m
発見地:アメリカ ニューメキシコ州
時代:三畳紀後期

これまで数百体の化石が見つかっています。骨が中空になっていたことから、この名前が付けられました。前足の指は4本ありますが、1本は退化して機能していませんでした。2本、3本の指を持つ獣脚類への進化の途中にある恐竜だと考えられています。

成体のコエロフィシスの化石の腹部から、幼体のコエロフィシスの骨が見つかったことから、コエロフィシスは共食いをしていたと考えられていました。しかし、この骨はワニの仲間の骨だとわかり、共食いではなく、代わりにほかの肉食動物と争っていた可能性があるということがわかりました。
コエロフィシスは、幼体から老齢個体までが同じ場所に集まって化石になっていることがあります。このことから、コエロフィシスは群れで生活していたと考えられています。

 
コエロフィシス 復元骨格





2017年9月27日水曜日

ロンギスクアマ


  ロンギスクアマ インシグニス
Longisquama insignis
体長:15cm?
発見地:キルギス
時代:三畳紀後期

2017年9月12日火曜日

ゴルゴサウルス Gorgosaurus

ゴルゴサウルス・リブラトゥス
Gorgosaurus ibratus

体長:8~9m
発見地:カナダ アルバータ州
時代:白亜紀後期

頭骨が大きくがっしりした体型のティラノサウルスやタルボサウルスなどのティラノサウルス亜科とは別の、小型で頭骨や体型がほっそりとしたアルバートサウルス亜科に分類されています。リブラトゥス種は、以前はアルバートサウルス属とされていましたが、頭骨や歯の特徴の微妙な違いによって現在はゴルゴサウルス属とされています。ゴルゴサウルスが発掘された地層からは、ダスプレトサウルス(ティラノサウルス亜科)も発見されており、同じ地域に同じような体格のティラノサウルス科の肉食恐竜が共存していたことになります。どのように共存していたかはよくわかっていません。



2017年7月12日水曜日

イクチオステガ Ichthyostega


イクチオステガ
 Ichthyostega

時代:デボン紀後期
産地:グリーンランド
体長:1.5m

 
最初期の四足動物の一つで、陸上に上がった可能性のある動物としては最古のものと考えられています。ただし、手足の構造から陸上を活発に動き回る事は難しく、水中での生活が中心だった様です。