2017年10月5日木曜日

コエロフィシス Coelophysis

コエロフィシス
Coelophysis
体長3m
発見地:アメリカ ニューメキシコ州
時代:三畳紀後期

これまで数百体の化石が見つかっています。骨が中空になっていたことから、この名前が付けられました。前足の指は4本ありますが、1本は退化して機能していませんでした。2本、3本の指を持つ獣脚類への進化の途中にある恐竜だと考えられています。

成体のコエロフィシスの化石の腹部から、幼体のコエロフィシスの骨が見つかったことから、コエロフィシスは共食いをしていたと考えられていました。しかし、この骨はワニの仲間の骨だとわかり、共食いではなく、代わりにほかの肉食動物と争っていた可能性があるということがわかりました。
コエロフィシスは、幼体から老齢個体までが同じ場所に集まって化石になっていることがあります。このことから、コエロフィシスは群れで生活していたと考えられています。

 
コエロフィシス 復元骨格





2017年9月27日水曜日

ロンギスクアマ


  ロンギスクアマ インシグニス
Longisquama insignis
体長:15cm?
発見地:キルギス
時代:三畳紀後期

2017年9月12日火曜日

ゴルゴサウルス Gorgosaurus

ゴルゴサウルス・リブラトゥス
Gorgosaurus ibratus

体長:8~9m
発見地:カナダ アルバータ州
時代:白亜紀後期

頭骨が大きくがっしりした体型のティラノサウルスやタルボサウルスなどのティラノサウルス亜科とは別の、小型で頭骨や体型がほっそりとしたアルバートサウルス亜科に分類されています。リブラトゥス種は、以前はアルバートサウルス属とされていましたが、頭骨や歯の特徴の微妙な違いによって現在はゴルゴサウルス属とされています。ゴルゴサウルスが発掘された地層からは、ダスプレトサウルス(ティラノサウルス亜科)も発見されており、同じ地域に同じような体格のティラノサウルス科の肉食恐竜が共存していたことになります。どのように共存していたかはよくわかっていません。



2017年7月12日水曜日

イクチオステガ Ichthyostega


イクチオステガ
 Ichthyostega

時代:デボン紀後期
産地:グリーンランド
体長:1.5m

 
最初期の四足動物の一つで、陸上に上がった可能性のある動物としては最古のものと考えられています。ただし、手足の構造から陸上を活発に動き回る事は難しく、水中での生活が中心だった様です。










2017年5月24日水曜日

カルカロドントサウルス  Carcharodontosaurs



カルカロドントサウルス Carcharodontosaurs
体長:12~13.3m
発見地:アルジェリア、エジプト、モロッコ
時代:白亜紀中期
最大級と推測される肉食恐竜の一つで、ギガノトサウルスに近い仲間です。1.6mの巨大な顎と20cmもの長さの歯を持っていました。


 

2017年5月19日金曜日

アルバートサウルス Albertosaurus


 アルバートサウルス 
Albertosaurus 
体長:9m
発見地:カナダ
時代:白亜紀後期

他の大型ティラノサウルス科の恐竜よりも華奢な体つきをしています。目の上の骨が前方に突き出し、ディスプレイとして求愛行動に使われていたという説もあります。





2017年5月18日木曜日

プロバクトロサウルス Probactrosaurus


学名:プロバクトロサウルス Probactrosaurus
体長:5.5m
発見地:内モンゴル ゴビ砂漠
時代:白亜紀前期

バクトロサウルスの前、という意味でプロバクトロサウルスと名付けられました。近縁種に比べ華奢な体格で、前肢は細長く、第1指(親指)のスパイクは小さく、主に四足歩行をしていたようです。