2014年2月28日金曜日

ファルカリウス Falcarius

Falcarius utahensis
ファルカリウス・ウタヘンシス
全長:4m
発見地: 北米
時代: 白亜紀前期
 テリジノサウルス類としてはやや小型、腕や前足の爪も、他の種に比べると短いのが特徴です。また、テリジノサウルス類の中では、最も多く化石が発見されている種類で、10個体分の骨格が発見されています。
セグノサウルスなど、後年の進化したテリジノサウルス類は、体を支える後足の指が四本なのに対し、ファルカリウスは三本指でした。これらのことから、現在(20142月現在)発見されている中では、最も原始的なテリジノサウルス類と考えられています。
体の形態も、他のテリジノサウルス類に比べると、比較的身軽で華奢な構造でした。
歯は木の葉状の形をしていることから、植物食と考えられています。ちなみに歯の形は同じく植物食と考えられているインキシボサウルスに類似しています。
標本数が多いため、謎の多いテリジノサウルス類について研究がより進むことが期待されています。


ファルカリウス全身復元骨格
(丹波市・丹波竜化石工房にて撮影)
2013年3月には、ファルカリウスの命名者でもある
ジェームズ・カークランド氏が来館、
自らファルカリウスの解説を行われました>その時の様子。 

: 
主な参考資料 
・Russell, D.A. & Dong Z. (1993). "The affinities of a new theropod from the Alxa Desert, Inner Mongolia, People’s Republic of China". Canadian Journal of Earth Sciences 30 (10): 2107–2127

・Kirkland, James I., et al. "A primitive therizinosauroid dinosaur from the Early Cretaceous of Utah." Nature 435.7038 (2005): 84-87.

・恐竜大陸 展示解説書

「肉食の系譜」


・Zanno, Lindsay E. "Osteology of  Falcarius utahensis (Dinosauria: Theropoda): characterizing the anatomy of basal therizinosaurs." Zoological Journal of the Linnean Society 158.1 (2010): 196-230.

 (イラスト・ふらぎ、解説文・ラクティア)


 (恐竜・古生物イラストブログ「Extinct Creatures)




0 件のコメント:

コメントを投稿