2018年6月27日水曜日

コンコラプトル Conchoraptor


コンコラプトル・グラキリス
Conchoraptor gracilis
体長:1.6m
時代:白亜紀後期
発見地:モンゴル

オヴィラプトル等のオヴィラプトロサウルス類の一種です。口はクチバシ状になっており歯が無く、雑食もしくは植物食だったという説が有力です。
近縁種のシチパチでは、巣の上におおいかぶさるような姿勢の化石も見つかっています。コンコラプトルも同様に巣の卵を守っていた、もしくは抱いてあたためていたと考えられます。



0 件のコメント:

コメントを投稿