2010年2月22日月曜日

パキヤエナ Pachyaena ossifraga

Pachyaena ossifraga
始新世前期・北アメリカ
:
 絶滅した蹄を持つ肉食哺乳類・メソニクス目の仲間で、このossifraga種は数種類知られているパキヤエナ属の模式種です。
 パキヤエナ(及び何種かのメソニクス)の食性について、歯の形状などから
1)カメや魚などを食べていた(Cope, Matthew)
2)主に他の動物の死体を探して食べていた(Boule, Osborn, Scott)
3)自力で狩りをする捕食者だった(Szalay, Gould)
という説がありました。
 近年、保存状態の良い数体のパキヤエナ ossifragaの化石を調べた結果、速くは走れないものの長時間の走行・移動に適した体であった事が分かりました。この事から、パキヤエナ ossifragaは広範囲にわたって食物を探して歩き回るスカベンジャーだったという結論が導き出されました。
 イラストは、複数の化石から復元した全身骨格図を基に描いています。
:
参考にした資料
・"Functional and behavioral implications of vertebral structure in Pachyaena ossifraga (mammalia, Mesonychia)"
Xiaoyuan Zhou, William J.Sanders, and Philip D. Gingerich
(Contributions from the museum of paleontology the university of Michigan, Vol. 28, 1992)

(イラスト・文 meribenni)

0 件のコメント:

コメントを投稿