2010年6月28日月曜日

カルカロドントサウルス Carcharodontosaurus



Carcharodontosaurus saharicus
白亜紀後期 アフリカ

2010年大阪で開催の大恐竜展で展示されていた
頭骨をトレースして描いています。



















カルカロドントサウルスといえば、これまで恐竜博等でも
展示され、また国立科学博物館で常設展示されている
頭骨が一般的なイメージかと思います>頭骨画像
今回イラストの基にした頭骨とは随分雰囲気が違います
(カルカロドントにはsaharicusとiguidensisの2種が
報告されていますが、頭骨は2つ共にsaharicusという事です)。
カルカロドントとしてだけでなく、同じカルカロドントサウルス科である
ギガノトサウルス、マプサウルスの復元頭骨と比べても、
ちょっと異質な感じがします。
キャプションによれば、こちらの頭骨は一部実物の化石も
使われているという事。確かに表面の複雑なライン等、他の頭骨に
比べると説得力があるような。
という事で、この頭骨を基にイラストを描いてみたのですが、、、
意外に結構普通のカルカロドントサウルス科の顔。
頭骨のゴツゴツ感に惑わされていたかも。

ギガノトサウルス、マプサウルスは全身骨格が復元されている訳ですが、
カルカロドントは頭部のみです。胴体もそこそこ発見されているようですし、
ギガノトやマプも参考に、より精度の高い大型のカルカロドントサウルス科の
復元骨格も見てみたいです。
もちろん、より保存状態の良い化石が見つかるに越したことは無いのですが。



主に参考にした資料
・「大恐竜展・失われた大陸ゴンドワナの支配者(1998年開催)」公式カタログ
・「The Age of Dinosaurs in South America 」Fernando E. Novas
・"New specimen of Giganotosaurus carolinii (Coria & Salgado, 1995), supports it as the largest theropod ever found." Calvo, J.O. and Coria, R.A. (1998)
「Project Exploration」
「肉食の系譜」
また、大恐竜展を一緒に見学したLOKI:さんとの
ディスカッションも非常に参考になりました。
(イラスト・文 ふらぎ)

2 件のコメント:

  1. カルカロドントサウルスって科博に展示してあるんですか。今度見てみます。
    表面がボコボコしてて面白いですね。
    (meribenni)

    返信削除
  2. ティラノの足元に頭骨があります。
    科博の展示って、何回行っても
    「あ、こんなのもあったんだ!」っていう
    発見がありますよね。
    (ふらぎ)

    返信削除