2010年5月6日木曜日

ペドペンナ Pedopenna daohugouensis

Pedopenna daohugouensis
ジュラ紀後期(?)・内モンゴル

 右後肢の膝から先のみが発見されている小型の恐竜です。
中足骨には、Microraprtor guiの様に正羽が生えていた形跡が保存されています。
 今回のイラストは発見されている足先+αを描きました。
Pedopennaは鳥類ではありませんが、少なくとも足だけなら現生の生物では鳥が一番近いと思うので、足先はキジやカラス、ニワトリを、羽の生えている脛などは猛禽類の脚を参考にしています。
描き終えて見直してみると、脛の羽はこんなに長くて妥当なのかとか、脚を伸ばした時に脛の羽と足先の羽はどういう風に重なるのか(そもそも重なったのかどうか)など、全然分からない事が多いなーと思いました。
あと、羽がボロボロ過ぎるかも知れません。
:
参考にした資料
恐竜博2005図録
恐竜パンテオン
きまぐれ生物学
:
(イラスト・文 meribenni)

2 件のコメント:

  1. せめて全身のシルエットくらいはあったほうが、、、
    と思いましたが、全身が類推出来るような他の
    部位が無いとなると、やはり難しいですね。


    >脚を伸ばした時に脛の羽と足先の羽はどういう風に重なるの
    >か(そもそも重なったのかどうか)

    重なるとしたら、前肢の羽根の重なり方と同じかな、というか、
    それを参考にするくらいしか思いつかないです。
    重ならないとすると、今度は足を曲げたときの事が気になったり。前肢を含めて、恐竜の羽根関係は難しいです。
    (ふらぎ)

    返信削除
  2. 前肢の羽根と同じ感じですか。
    止まっている姿勢でそういう風に描いても良かったかも。
    と書きつつ、仰るとおり難しそうなのでちゃんと描ける位になるまでには色々勉強しなくてはですね。
    何の古生物でもちゃんと描くのは簡単では無いですけど。
    (meribenni)

    返信削除